2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ

« 『アンサンブル・レソナンツ』コンサート | トップページ | オーストリア・フェア »

宮本文昭 with 東京交響楽団

Sany01632

東京交響楽団演奏会へ行ってきました。
指揮は、元オーボエ奏者の宮本文昭氏です。

【プログラム】
ロッシーニ :「ウィリアム・テル」序曲
R.シュトラウス : オーボエ協奏曲 ニ長調
チャイコフスキー : 交響曲第5番 ホ短調 Op.64

オーボエ:荒 絵理子

アンコール曲 : 仮面舞踏会

1つ楽器の表現者からオーケストラの表現者となった宮本氏が、どんな演奏を聴かせてくれるのか楽しみでしたが、演奏はとても素直なものでした。
宮本氏は時々指揮をしているというより、指揮台で踊っているようにも見えるのが微笑ましいというか・・・

どの曲も楽しめましたが、特にR.シュトラウスのオーボエ協奏曲は、奏者にとっては吹きっぱなしの大変な曲のようで、実際、ほとんど休む間もない曲です。
それでも奏者の荒絵理子氏の演奏は、とても美しく素晴らしいものでした。
オーボエの音色は楽器の中でも特に好きなので、十分に堪能でき満足でした。
東京交響楽団と、宮本氏、荒氏が揃っての、この選曲だったとも言えるのではないでしょうか。
荒氏はこの4月より、東京交響楽団の首席オーボエ奏者として入団が決まっているそうです。東京交響楽団を聴く楽しみが増えました。


結構満足できたので感想を書いてくると、出演者の直筆サイン入りの色紙が送付されてきましたwink

« 『アンサンブル・レソナンツ』コンサート | トップページ | オーストリア・フェア »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1041803/29014349

この記事へのトラックバック一覧です: 宮本文昭 with 東京交響楽団:

« 『アンサンブル・レソナンツ』コンサート | トップページ | オーストリア・フェア »