2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ

« 映画『ある侯爵夫人の生涯』 | トップページ | 映画『アマルフィ 女神の報酬』 »

『フランス・バロック宗教音楽の夕べ』

D10100641

杉並公会堂大ホールで開催された、合唱団フォンス・フローリス 第3回コンセール・スピリチュエル 『フランス・バロック宗教音楽の夕べ』へ行ってきました。
合唱はフォンス・フローリス、独唱と管弦楽は、古楽アンサンブル「コントラポント」。
「コントラポント」は、私が古楽を聴き出すきっかけとなったアンサンブルです。

演奏曲目は
ジャン=バティスト・リュリ 「ミゼレーレ」 「めでたし 元后」
ミシェル=リシャール・ド・ラランド 「全地よ、神に喜び歌え」 「テ・デウム」

リュリといえば、ルイ14世の宮廷楽長にもなったフランス盛期バロック音楽の作曲家。ということくらいしか知らず、実際曲を聴いたのは初めてかもしれません。
どんな曲か楽しみにしていましたが、私的にはド・ラランドの方が、より魅かれました。

ラテン語の17世紀フランス式の発音やそれに基づいた発声、装飾法など、フランス・バロック特有の演奏法にこだわっているらしいのですが、残念ながら私にはさっぱりです。かろうじてラテン語らしいという程度・・・(笑)

独唱は、ソプラノ、オートコントル、テノール、バリトン、バス
楽器はヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ、オーボエ、ファゴット、トランペット、ティンパニ、テオルボ、オルガン

今回は、バロック楽器のオーボエやファゴット、トランペット、ティンパニもあり、新鮮でした。
古楽器の音は、優しくて好きです。
最近ほとんど毎日、CDでオリジナル楽器で演奏するバッハの曲を聴きますが、まさにあの音。バロック時代曲には、古楽器の音の方が、しっくりくるような気がします。
合唱の声とも調和していて、とても美しい時間でした。

« 映画『ある侯爵夫人の生涯』 | トップページ | 映画『アマルフィ 女神の報酬』 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1041803/31233445

この記事へのトラックバック一覧です: 『フランス・バロック宗教音楽の夕べ』:

« 映画『ある侯爵夫人の生涯』 | トップページ | 映画『アマルフィ 女神の報酬』 »