2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ

« 竹久夢二展 | トップページ | 東京国立近代美術館 工芸館 »

鳩山会館

Sany04041

鳩山会館へ行ってきました。
内閣総理大臣を務めた鳩山一郎氏の邸宅を記念館として公開したもので、バラのこの季節に花に囲まれた洋館を見ることができるかと期待したのですが、ちょっと時期が早かったようです。

Sany04001_4  Sany04501_2

設計は、国の重要文化財に指定されている明治生命館の設計者である、岡田信一郎氏。

Sany04481_2

私邸ですが、一郎氏が脳梗塞の後遺症で体が不自由だったこともあり、政治の会合の場にお使用されたようです。
現在は、毎年4月に観桜会が催され、中央政界の方々が出席しています。

Sany04341_2 Sany04391_2

一郎氏が会合にも使用した応接室

応接室の前には、広く明るいサンルーフがあり、そこからはバラの他、多くの樹木が植えられている庭に出ることができます。
奥は日本庭園になっていました。

都内にも関わらず大きな樹で囲まれているため、周りのビルや道路は見えず、ここだけ別世界のよう。

Sany04081_2

ステンドグラス

Sany04111

2階の大広間
もとは3つの寝室だったようですが、壁が取り除かれ大広間に改装されています。

この他、書斎として使われたいた部屋や客室だった和室が、一郎氏、妻の薫氏、威一郎氏の記念室となっていて、数々の勲章やデスマスクなどが展示されていました。

Sany04141_4

この日は入館者が非常に多く、応接室も食堂もサンルーフも、設置されている椅子という椅子に入館者が座っている上、その周りにもたくさんの人がウロウロしているため、雰囲気を楽しむという事はできませんでしたが、当時にこのような建物が私邸だったとは驚きですね。

« 竹久夢二展 | トップページ | 東京国立近代美術館 工芸館 »

お出かけ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1041803/31805830

この記事へのトラックバック一覧です: 鳩山会館:

« 竹久夢二展 | トップページ | 東京国立近代美術館 工芸館 »