2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ

« ボジョレー会 2010 | トップページ | 能『俊寛』 »

さくらホール柿(こけら)落し

渋谷区に新たに完成した「文化総合センター大和田」のさくらホール柿(こけら)落し公演、『オープニング・コンサート』へ行ってきました。

出演:仲道郁代(ピアノ)、梅田俊明(指揮)、新日本フィルハーモニー交響楽団 
曲目:オール・ベートーヴェン・プログラム
   序曲 「献堂式」Op.124
   ピアノ協奏曲 第5番 変ホ長調「皇帝」Op.73
   交響曲 第7番 イ長調 Op.92

D10200491_3

普段ピアノ曲を聴きませんが、ここ最近ベートーヴェンのピアノコンチェルトやソナタを聴き直していて、あらためていいなぁと思っていたところだったので、とても楽しみでした。

仲道さんは演奏時の表情が迫力を通り越してあまりに怖い(笑)ので、苦手なのですが、座席はステージに向かって左側だったので、演奏中のお顔は見えず安心して(?)聴け、手の動きはバッチリ見え、なかなか良い席でした。
表情はともかく、やはり上手いですね。

演奏の素晴らしさもですが、シンフォニーとしての美しいハーモニーに、テクニカルなメロディーを調和させるベートーヴェンは凄いなぁと、あらためて感じたコンサートでした。
ベートヴェン熱再燃しそう・・・

コンサートが始まるまで時間があったので、図書館に行ってみました。
蔵書はまだ少ないようですが、この文化総合センター内にプラネタリウムがあることもあってか、宇宙関連の蔵書が目につきました。
図書館の入り口付近のロビーには、かつて五島プラネタリウムで活躍していた投影機が展示されています。

12階には「コスモプラネタリウム渋谷」がオープンします。
この日は、6月に帰還した”はやぶさ”の宇宙の旅を紹介する「HAYABUSA-BACK TO THE EARTH - 帰還バージョン」の予告編が上演されていました。
ゆったりとしていて、リクライニングのシートも心地いいです。今度本編を見に来よう♪

« ボジョレー会 2010 | トップページ | 能『俊寛』 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1041803/37978420

この記事へのトラックバック一覧です: さくらホール柿(こけら)落し:

« ボジョレー会 2010 | トップページ | 能『俊寛』 »