2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ

« X'mas Party | トップページ | 忘年会 »

ヴァイオリン弾き比べ

レッスンに通っている教室で、ストラディバリウスタイプとガルネリタイプの楽器モニター募集が出ていた。
これまで写真で見ただけでは両者の違いがわからず、ましてや音色になると演奏者の弾き方の影響が大きいような気がして、はっきりと違いがわからなかった。自分で弾けるのは貴重な体験かもと思い、また、自分の楽器との違いもわかればと申し込んでみたら、当選した。
教室としては、フラッグシップであるこの楽器を購買へ繋ぐためのPRなのだろうけど。

ガルネリタイプの\693,00の楽器だったのだけれど、それがガルネリタイプだからなのか、パリーンとした張りのある音のような気がした。
いつも通り弾いても、私の楽器より大きな音が出しやすい。というか、大きすぎて耳が痛い(笑)
やっと楽器に慣れた頃に返却日がきてしまった。
お店の人といろいろ話をしているうち、ストラディバリウスタイプの楽器も試奏できる日があれば、教えてもらえることになり、レッスン日に声をかけてもらい、試奏してみた。
Y社のモデルで\945,000の楽器になる。

なんと音の出しやすいことか。音自体にも私は抵抗がなかった。好きな音かと言われるとわからないが、とにかく抵抗がなかった。
形もよく見ると、自分の楽器とはサイドや板の丸みなど、全然違う。
かわいらしく美しい。なるほど、これがストラディバリウスタイプなんだと。
何より、音が出しやすく乱れにくい。音を出すことに、神経を使わずにすむ。
楽器によって、こんなにも違うのかと驚いてしまった。

でも、中学生の頃、クラリネットを当初使っていたクランボンからY社のものに変えなければならなくなった時、あまりの音の違いに愕然として、どうしても好きになれず、音を出すのさえ苦痛になってしまい、その後、クラリネット自体やめてしまった。
中学生ごときにも使う気を削がせるような楽器を作るY社に対して、それ以来信用できなくなってしまっているので、Y社の楽器を買う気にはなれない。
今使っている楽器はドイツ製のものなのだが、イタリア製のものとの違いもできれば比較してみたいところ。
私に違いがわかるのか???が大きな疑問ではあるけれど、自分がどんな音が好きなのかが知りたいというのもある。

それとは別に、先日楽器の調整に出したところ、魂柱が細いので交換した方がいいと言われた。そ、そんな事が!?と比較してみたら、確かに細い。
楽器に対する不安より、魂柱の太さによってどう影響するのかに興味が湧いてしまった。
あと数年は今の楽器を使おうと思っていたけれど、購入を考えた方がよさそうな気がしてきた。

« X'mas Party | トップページ | 忘年会 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1041803/38066841

この記事へのトラックバック一覧です: ヴァイオリン弾き比べ:

« X'mas Party | トップページ | 忘年会 »